shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2019年10月15日

この度の台風19号による被害につきまして、お見舞い申し上げます。

この度の台風19号の影響により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げますと共に、
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

弊社神戸校におきましては本日より通常業務を行っておりますが、
他の関連拠点におきましては引き続き一部業務を停止させて頂いている拠点もございます。
ご迷惑をお掛け致しますが、事情を鑑みご理解の程よろしくお願い致します。

被災された皆様の生活が一日も早く平穏に復することを心よりお祈り申し上げます。
posted by 東京アカデミー神戸校 at 12:27| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

【10/13(日)看護師国家試験対策「第2回全国公開模試」実施のご案内】

10/13(日)実施予定の看護師国家試験対策「第2回全国公開模試」についてご案内いたします。


台風19号の接近に伴い、公共交通機関の一部、運転見合わせならびに間引き運転が発表されています。


当初、午前700時点で、先般ご連絡させていただいておりました公共交通機関のいずれかが運休している場合は、模試の実施を中止させていただく予定にしておりましたが、公共交通機関の運行予定状況を踏まえ、10/13(日)の当模試につきまして、予定通り、午前9:30より実施させていただきます。


実施に至った際、ご参加が難しいとご判断いただいた方には、ご自宅で受験いただけるように問題を送付させていただきます。


その際には、お手数ではございますが、東京アカデミー神戸校(пF078-391-0731)まで10/13(日)午前11001700のお時間帯にご連絡いただけます様、お願い致します。


皆様におかれましては、安全を最優先に行動いただけます様、あわせてお願い申し上げます。

ラベル:全国公開模試
posted by 東京アカデミー神戸校 at 17:02| 看護師国家試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

【大卒程度公務員】 模擬試験が大切なワケ

みなさん、こんにちは
東京アカデミー神戸校の公務員担当です✋


本日は「模試受験が大事なワケ」についてご紹介いたします

緊張感を持って問題を解くことができる
試験本番は普段経験することのできない緊張感があります。静けさの中、周りのペンの進み方だけでも緊張感が増します。本番さながらの緊張感で模試を解くことにより、周囲を気にせず本番に臨むことができます。

現時点での自分の能力がわかる
自分の苦手な分野、得意な分野を改めて認識できます。自分が何の教科で点数を取らないといけないのか、何が足りていないのかを再認識し今後の勉強方法の見直しができます。

時間配分の計画が経てる
問題を解く順番や、40問又は50問を制限時間で解くためにはどのように解いたらいいのかを把握することができます。

課題が見える
自分がまだ知らない範囲からの出題もあると思います。公務員試験を受験するにあたり知っておかなければいけない内容の課題を確認し、今後の学習プランにも繋がります。


ほかにも模試を受験することのメリットはあると思います。
モチベーションの向上にも繋がり、学習への意欲も湧きます
ぜひ、全国公開模試を受験し自分の能力を確かめてください


東京アカデミーでは、年に7回(市役所型模試は除く)
全国公開模試を実施しています

【2020年度全国公開模試日程】

・公務員共通ステップ1模試
日程:11月10日(日)

・公務員共通ステップ2模試
日程:2月9日(日)

・警察官・消防官型模試
日程:2月23日(日)

・裁判所一般職型模試
日程:3月7日(土)

・国税専門型模試、財務専門官型模試、労働基準監督A型模試
日程:3月20日(金)

・国家一般職型模試
日程:3月29日(日)

・地方上級型模試
日程:4月12日(日)

・市役所型模試
日程:8月2日(日)


詳しくはこちらからご覧ください
みなさんのご参加をお待ちしております


posted by 東京アカデミー神戸校 at 14:06| 上級公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

大卒程度公務員 通学講座10月生・11月生 好評受付中!

みなさん、こんにちは
東京アカデミー神戸校の公務員担当です

10月に入っても夏のように暑い日が続いていましたが、
少しずつ日中も過ごしやすく秋に近づいてきましたね

本日は、通学講座10月生・11月生のご案内をさせていただきます

東京アカデミー関西ブロックでは、
国家公務員・地方上級受験対策講座(教養試験+専門試験対策)10月生
市役所・消防官・警察官受験対策講座(教養試験のみに特化)11月生
上記大きく2種類の講座をご用意しております
詳細は弊社HPも併せてご確認ください

10月生は10月1日よりスタートしておりますが、
今からでも受講していただくことが可能です
(各種フォローもございますのでご安心ください)
今からだとどうしても本試験まで余裕のあるスケジュールではないため、
1日でも早く勉強を始めたい方にはおすすめです

11月生は11月18日よりスタートいたします
基礎から実践レベルまできっちりと学習することができますので、
確実に合格に向けて取り組みたい方にはおすすめです

各校舎での個別受講相談も承っておりますので、
お気軽にご希望の校舎までお問い合わせください
神戸校TEL078-391-0731



posted by 東京アカデミー神戸校 at 09:00| 上級公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

インプットとアウトプットはどれぐらい行えばよいのか?

みなさん、こんにちは
東京アカデミー神戸校の公務員担当です✋

2020年度合格に向けて、公務員試験の学習・対策を始めた方も多いと思います
学習は効率的・効果的に進めたいですよね


そこで、勉強法の小ネタをご紹介いたします

本日は、「インプットとアウトプットはどれぐらい行えばよいのか?」です。

コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツが1917年に行った実験が有名です👀

地元の学校5クラスの小学校3年生から中学校2年生までの100人以上の子どもたちに「紳士録」に書かれた人物プロフィールを覚えて暗証するように指示しました。覚える数は学年によって変え、最年長のクラスは5人分、最年少のクラスは3人分としました。

与えられた時間は9分間
9分間の使い方も細かく指示を出し、覚える(読む)時間と練習する(暗唱する)時間の割合は、グループごとに異なる設定にしました。

最も高い結果を出したのは、約40%「覚える時間」に費やしたグループでした。

年長の生徒になると「覚える時間」は少なくて済むようになり、約30%の時間を費やしたグループが高得点を取りました。

多くの受験生は、「知識が足りない」ということでインプットに力を入れがちですが、そうではないのです

そこで、インプット3〜4割、アウトプット6〜7割に学習時間を振り分けることが大事です

(以上、参考文献:ベネディクト・キャリー著・花塚恵訳「脳が認める勉強法」(ダイヤモンド社)52.5%(電子書籍のため頁ではなく%で表しました)、樺沢紫苑「学びを結果に変えるアウトプット大全」(サンクチュアリ出版)27頁。どちらもとても良い本です!)


ただでさえ、覚えるべきことが多い公務員試験。その倍以上の時間をアウトプットに費やさなければならないのです。

となると、インプットの時間も効率よく、アウトプットも効率的、かつ、効果的に行う必要がありますね

どのように対策を行うのか、しっかりと検討し、計画を立てなければなりません
教材についても、選択が非常に大事です
とすれば、合格している先輩方の勉強法が参考になるでしょう

その合格者のインタビューをHPに掲載しているので、ぜひ一度読んでみてください


posted by 東京アカデミー神戸校 at 11:17| 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする